USBデバイスサーバ「myUTN-2500」でRDXドライブをネットワーク接続

SEH Technology社のUSBデバイスサーバ「myUTN-2500」に、Tandberg Data社のRDX外付ドライブ「QuikStor」を接続して、PC・サーバからネットワーク経由でRDXドライブの認識及び読み書きといったアクセスが可能となり、別フロアや遠隔地であってもクラウドストレージを介さずローカルデバイスと同じようにデータのやり取りできます。

myUTN-2500の特徴

ネットワーク非対応のUSBデバイスを
ネットワーク上で利用可能に
myUTN-2500の特徴

SEH Technology社の「myUTN-2500」は、ネットワーク非対応のUSBデバイス(HDD/プリンター/USBメモリ等)がネットワーク上で利用できるようになる高性能USBデバイスサーバです。
別フロア、遠隔地、海外拠点などにあるサーバやPCからmyUTN-2500に接続したUSBデバイスを、まるでローカルデバイスのように利用することができます。

また、myUTN-2500はUSB3.0 Super speedのポートを3つ備え、高度なセキュリティ機能も備えており、各USBポートをパスワードでアクセス制限したりネットワークのセキュリティプロコトルを使用してmyUTN-2500へのアクセス自体を制限することができます。
このようにmyUTN-2500はビジネスレベルの機能を数多く備えています。

RDXの特徴

Removable Disk Exchange System
ディスクの取り外し・交換ができるバックアップシステム
RDXの接続図と使用方法

RDXとは、DDSやDATテープ等の代替を主な目的に開発されたディスクの取り外し・交換ができるバックアップシステムです。
2.5インチHDDをカートリッジ化することで、フロッピーディスクのように外付や内蔵ドライブに着脱して使えます。
カートリッジは手のひらサイズで小型・軽量・頑丈。そしてHDDならではの大容量。
接続はUSBなので、つなげるだけでリムーバブルディスクとして認識され、誰でも簡単にご使用可能です。
世代管理もでき、持ち運び・外部保管に適しているので災害対策もできるバックアップシステムです。


災害やウイルスに強い

RDXはカートリッジをドライブから取り外し、オフサイトで保管できることが最大の特徴。
データカートリッジをオフサイトで保管することで、サーバ側のシステム障害やウイルス感染の影響を受けずにデータ復旧が可能です。

災害によるシステム障害、RDXでのデータ復旧
RDXカートリッジ専用のショックマウント(衝撃吸収材)で
HDDを振動・衝撃から守っています

RDXの落下テストでは、コンクリート上に様々な角度から1500回以上落とします。
RDXカートリッジ専用のショックマウントで、落下など衝撃によるデータ損失のリスクが軽減されます。

衝撃吸収材を施されたRDXディテール

動作検証レポート

「myUTN-2500」と「QuikStor」は動作検証済!

Tandberg Data社により、「myUTN-2500」にRDX外付ドライブ「QuikStor」を接続して認識およびデータの読み書きが正常に行われることが確認され検証レポートが公開されています。

>>検証内容

・WindowsOSからの認識
・ファイルバックアップの取得とその転送速度の確認
・Windows Server Backupでのシステムバックアップとその転送速度の確認
・Windows Server Backupで取得したシステムイメージのリストア
・ベンチマークツールを使用した転送速度の確認
・MacOS/LinuxOSからの認識、ファイルコピー、転送速度の確認

>>検証環境

RDX QuikStor USB3+ドライブをmyUTN-2500にUSB3.0ケーブルで接続し、myUTN-2500とWindowsOSのサーバを同一LANに接続します。ネットワーク上のハブやルーターの性能の影響を排除するため、今回の検証ではmyUTN-2500とWindowsサーバをLANケーブルで直結して動作確認を行いました。

>>接続構成
myUTN-2500接続構成
この一冊でRDXのことがまるっとわかる「rdx Book」PDF版をダウンロードしていただけます。
導入をご検討のお客様はもちろん、提案資料としても是非ご活用ください。
冊子版をご希望の場合はお問い合わせください。

RDX資料「rdx Book」

発行元:タンベルグデータ株式会社

■ PDFを開く[PDF:6.4MB
  …ブラウザでPDFファイルを読み込みます。
   ※ファイルサイズが大きい為、エラーが生じる場合があります。開けない場合はZIPダウンロードをお試しください。
   ※Internet Explorer以外のブラウザではAdobe Reader又はAcrobatが起動する場合があります。

■ ダウンロードして読む[ZIP:5.9MB
  …「rdx Book」をZIP形式でダウンロードいただけます