ユーティリティー(RDX Manager)のインストール手順

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tandberg DataのRDX ユーティリティー(RDX Manager)のインストール手順をご紹介します。

ユーティリティーとは

ユーティリティーとは、補助的な機能を提供するソフトウェアのことを指します。
Tandberg Data社が配布しているRDX用のユーティリティー「RDX Manager」をインストールすると、RDXの状態確認やモード変更、その他の機能を使用できるようになります。
RDX Managerは、Windows およびMac環境においてRDXドライブとカートリッジの管理と設定を行う無償のユーティリティです。
ユーティリティーをインストールしなくても特に問題なくRDXをご使用いただけますが、Windows標準のバックアップ機能を使用するにはRDX Managerでモード変更が必須になります。

参考:WindowsバックアップをRDXで使用する方法

RDX Manager主な機能

ステータスの確認

接続しているRDXドライブやデータカートリッジのステータスを確認することができます。

RDX Managerでのステータス画面

ファームウェアのダウンロード

RDX Managerは、Tandberg Data RDX QuikStor ドライブファームウェアのダウンロード・アップロードをサポートしています。

ドライブモードの変更

RDXを接続すると通常はリムーバブルディスクとして認識されますが、RDX Managerで固定ディスクモードに変更することができます。
Windows標準のバックアップ機能はリムーバブルディスクをサポートしていませんが、固定ディスクモードに設定することによりシームレスに統合できます。

トラブルシューティング

RDX Managerでは、トラブルシューティングの必要が生じた場合に備えて、サポートレポートを生成することができます。

インストール手順

1. Tandberg data社 WEBサイトにアクセス

RDX Managerは、Tandberg Data社のWEBサイトから無償でダウンロードできます。
下記ページにアクセスし右側メニューの「Downloads」をクリックしてください。
RDX QuikStor Removable Disk Storage for SMB | Tandberg Data

RDX Managerダウンロードページ
2.ダウンロード

Downloadsページ内の一番下「Common Downloads*」のリストから適切なユーティリティーをクリックして、適当な場所にzipファイルを保存します。
RDX Managerダウンロードページ

3.インストール

保存したzipファイルを解凍しフォルダを開きます。
「RDXManagerInstaller.exe」というファイルがありますので、ダブルクリックで実行します。
RDX Managerセットアップウィザードが立ち上がりますので、画面に従って進んでいただくと3分程で完了します。

RDX GUIDE

バックアップの基本からRDXを使用したバックアップの方法を記載した「RDX導入ガイド」を配信しております。
環境に合った方法でご覧ください。

ブックタイトル:RDX導入ガイド(Ver. 1.01)

■ PDFで読む[PDF:5.6MB
  …ブラウザでPDFファイルを読み込みます(開いた直後は多少画質が粗い場合がございます)
   ※Internet Explorer以外のブラウザではAdobe Reader又はAcrobatが起動する場合があります

■ ダウンロードして読む[ZIP:4.2MB
  …導入ガイドをZIP形式でダウンロードいただけます