WindowsバックアップをRDXで使用する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsServer2008以降では、標準バックアップ機能のデータ保存先にリムーバブルディスクを指定することができません。
タンベルグデータ(Tandbergdata)のUSB3.0 RDXドライブなら、Windowsバックアップ機能を制限なく使用することができ、 スケジュールを組んでRDXにシステムイメージを保存できます。

RDX Utilityでのディスクモード変更、Windowsのバックアップ機能でRDXにシステムイメージを保存する手順をご紹介します。

固定ディスクモードに変更する

RDX Managerを起動

WindowsバックアップをRDXで使用するためには、RDXドライブを固定ディスクモードに変更する必要があります。
モードの変更にはTandberg Data社が配布しているRDX用のユーティリティー「RDX Manager」を使用します。
(まだインストールしていない場合はユーティリティー(RDX Manager)のインストール手順をご参照ください)

RDX Managerを起動し、接続済のRDXドライブの一覧の中から、バックアップに使用するドライブをクリックします。
「Drive Mode」が「Removable Disc」になっていることを確認して「Utility」タブをクリックします。

RDX Managerのステータス画面

「Change Drive Mode」をクリックします。

RDX ManagerのUtility画面

「Allow cartridge eject for Change Drive Mode?」と表示されたら「Yes」をクリックすると、カートリッジが排出されます。

RDX ManagerのUtility画面

カートリッジは排出されたまま、まだ挿入しないでください。
「Drive Mode Removable Mode」と表示されたら「Fixed Disk」をクリックします。

RDX ManagerのUtility画面

ディスクのモードが変更されたら「Status」タブで確認できます。
これで固定ディスクモード変更設定は完了です。RDX Managerを閉じて、カートリッジを挿入します。

RDX ManagerのStatus画面

Windowsバックアップの設定

この例では、以下の環境でご紹介します。(この記事は2018年7月に公開しています)

■ バックアップ対象 … クライアントPC(OS:Windoes10)
■ RDXドライブ … タンベルグデータ RDX QuikStor USB3+ 8782(固定ディスクモード)
■ RDXメディア … タンベルグデータ RDX QuikStor 2TB データカートリッジ
バックアップと復元を開く

コントロールパネルから「バックアップと復元(Windows7)」を開き、「バックアップの設定」をクリックします。

Windows10 バックアップと復元画面

バックアップを保存する場所の選択画面で、RDXを選択し「次へ」をクリックします。(ドライブ名称は環境により異なります)

Windows10 バックアップと復元設定画面

バックアップの対象は任意で選択して「次へ」をクリックします。

Windows10 バックアップと復元設定画面

バックアップ設定の確認をし、スケジュールを変更する場合は「スケジュールの変更」をクリックして設定します。
設定が完了したら「次へ」をクリックします。

Windows10 バックアップと復元設定画面

これで設定は完了、すぐにバックアップが始まります。次回以降のバックアップはスケジュール通りに自動で行われます。

Windows11 バックアップと復元画面

回復ドライブ(修復ディスク)の作成

コンピュータが何等かのトラブルで、内蔵HDDから起動できなくなってしまった際に役に立つのが「回復ドライブ」や「システム修復ディスク」です。
Windowsの回復環境を外部メディアに保存しておくことで、内蔵HDDから起動できなくてもメディアから起動しRDXに保存されたシステムイメージを復元できます。
回復ドライブはUSBフラッシュメモリー、システム修復ディスクはCD/DVDで作成することができます。

回復ドライブ

Windows8,Widows10で作成できます。コントロールパネルの「回復」を開き「回復ドライブの作成」を実行します。

Windows 回復ドライブの作成
システム修復ディスク

Windows7,Widows10で作成できます。コントロールパネルの「バックアップと復元(Windows7)」を開き「システム修復ディスクの作成」を実行します。

Windows システム修復ディスクの作成

RDX GUIDE

バックアップの基本からRDXを使用したバックアップの方法を記載した「RDX導入ガイド」を配信しております。
環境に合った方法でご覧ください。

ブックタイトル:RDX導入ガイド(Ver. 1.01)

■ PDFで読む[PDF:5.6MB
  …ブラウザでPDFファイルを読み込みます(開いた直後は多少画質が粗い場合がございます)
   ※Internet Explorer以外のブラウザではAdobe Reader又はAcrobatが起動する場合があります

■ ダウンロードして読む[ZIP:4.2MB
  …導入ガイドをZIP形式でダウンロードいただけます