MacのTime MachineでRDXにバックアップを取得する方法

Time MachineはMacに組み込まれているバックアップツールで、 最初に簡単な設定をするだけであとは自動的にバックアップが行われるので、大変便利で頼もしい存在です。 このTime MachineとRDXを組み合わせてバックアップを取得する手順、完全な災害対策の実現方法を紹介します。

Time Machineのバックアップディスクに設定したストレージには、過去24時間の1時間ごとのバックアップ、 過去1ヶ月の毎日のバックアップ、過去すべての月の1週間ごとのバックアップが自動的に保存され、 ディスク容量がいっぱいになった場合、一番古いバックアップから削除されます。

きちんとバックアップを取っておけば、間違って大切なファイルを削除してしまったり Macが突然立ち上がらなくなってしまったとき、バックアップから復元することができます。 また、新しいMacに買い替えたときは古いMacのデータを全て移行することができます。

バックアップ手順

Time MachineのバックアップディスクをRDXに設定する手順を紹介します。

RDXは、ディスクの取り外し・交換ができるバックアップシステムで、データカートリッジをドライブに着脱して使えます。
複数のメディアをローテーションで使用し、オフライン/オフサイト保管することで災害対策・ウイルス対策にも有効です。 また、可搬性に優れたRDXなら別拠点にあるMacへのデータ移行などにも便利です。

RDXを接続する

バックアップ用のRDXデータカートリッジは、最低でもMacの容量より大きいものが必要です。
大容量のデータカートリッジを使用することで保存できるデータ量が増えるので、より過去まで遡ることができます。

>> 用意するもの

■ RDX 外付ドライブ[販売価格を見る
■ RDX データカートリッジ[販売価格を見る

MacにRDXをを接続する

まずRDX外付ドライブをMacにUSB接続します。
USB-Cポートに接続する場合は「USB-C - USB」アダプタを使用しましょう。

1. MacとRDXドライブをUSBで接続。
2. RDXカートリッジをドライブに挿入。(正しく挿入されるとカチッと音がします)
3. デスクトップ上にドライブが表示されたら準備完了です。

MacにRDXをを接続する

Time Machineの設定

RDXをMacに接続したら、Time Machineの設定を行います。

1. メニューバーのTime Machine Time Machine をクリックして「”Time Machine”環境設定」を開きます。またはシステム環境設定からTime Machineを 選択して開くこともできます。

Time Machineの設定
2. 設定画面の「バックアップディスクを選択」をクリックします。(過去に設定をした履歴がある場合「ディスクを選択」)

Time Machineのディスクを選択
3. 一覧の中から接続済のRDXを選択し、バックアップを暗号化にチェックを入れ「ディスクを使用」をクリックします。

Time Machine用にディスクをフォーマット
4. 「バックアップディスクを消去してもよろしいですか?」というメッセージが表示されます。 「消去」をクリックすると、Time Machineで使用するためにディスクがフォーマットされます。 このときディスク内にデータがある場合は全て消去されるので注意してください。

5. ディスクがフォーマットされると、RDXのディスクアイコンがTime Machineのディスクアイコンに変わります。
Time Machineディスクアイコン

自動バックアップ

Time Machineの自動バックアップ

Time Machine環境設定の画面で「バックアップを自動作成」にチェックを入れておくと、 バックアップディスクを選択したらすぐに定期的なバックアップが自動で行われるようになります。
初回バックアップは時間がかかる場合がありますが、それ以降はそれほどかかりません。

バックアップ実行中でも、通常の作業を続けることが可能です。

<バックアップされるもの>
・過去24時間の1時間ごとのバックアップ
・過去1ヵ月の1日ごとのバックアップ
・過去のすべての月の1週間ごとのバックアップ
※初回バックアップより過去のデータには遡れません。

複数メディアでのローテーション

RDXのローテーション

複数のRDXメディアをローテーションで使用し、オフサイト/オフラインで保管することで災害対策やウイルス対策が実現できます。 毎晩、退社時にメディアを入れ替えることをおすすめします。

1. 他のメディアもバックアップディスクに設定するには、挿入しているRDXを一度取り出し、新しいデータカートリッジを挿入します。

2. 「”Time Machine”環境設定」を開き「ディスクを選択」をクリックします。

3. 使用可能なディスク一覧から新しいRDXを選択し「ディスクを使用」をクリックします。 新しいディスクの使用方法を尋ねるポップアップメッセージが表示されるので「両方を使用」をクリックします。

4. フォーマットを実行するために「消去」をクリックします。

5. 新しいメディアのバックアップが開始されます。

バックアップから復元する

Time Machineのバックアップから目的に応じてデータを復元することができます。

特定のファイルを復元

ファイルを間違って削除してしまったり変更してしまったとき、Time Machineで遡って過去のファイルを復元することができます。

Time Machineでファイルを復元
1. メニューバーのTime Machine Time Machine をクリックして「Time Machineに入る」を選択します。

Time Machineでファイルを復元
2. Time Machineに入るとこのような画面になります。 右側に時間軸が表示されているので、遡りたいポイントに移動して、復元したいファイルを選択し「復元」をクリック。

3. 復元する項目のためのフォルダを選択すると、ファイルが復元されます。

全てのファイルまたはOSとファイル全て復元

Time Machineのバックアップから全てのファイルを復元したり、OSとファイルを全て復元することができます。 新しいMacを購入した場合や、MacのHDD(SSD)を交換した場合、突然立ち上がらなくなってしまったときに役に立ちます。

復元方法はApple公式サイトの手順をご参照ください。
バックアップから Mac を復元する

この一冊でRDXのことがまるっとわかる「rdx Book」PDF版をダウンロードしていただけます。
導入をご検討のお客様はもちろん、提案資料としても是非ご活用ください。
冊子版をご希望の場合はお問い合わせください。

RDX資料「rdx Book」

発行元:タンベルグデータ株式会社

■ PDFを開く[PDF:6.4MB
  …ブラウザでPDFファイルを読み込みます。
   ※ファイルサイズが大きい為、エラーが生じる場合があります。開けない場合はZIPダウンロードをお試しください。
   ※Internet Explorer以外のブラウザではAdobe Reader又はAcrobatが起動する場合があります。

■ ダウンロードして読む[ZIP:5.9MB
  …「rdx Book」をZIP形式でダウンロードいただけます